3回生実験のこと:容量分析の初歩ex Caイオンの沈殿剤

3回生実験のこと:容量分析の初歩ex Caイオンの沈殿剤。i。おじさんとペリーで異なる「Caイオンの沈殿剤としてフッ化ナトリウムNaF硫酸ナトリウムNa2SO4シュウ酸カルシウムNa2C2O4の三種類を検討しシュウ酸カルシウムを採用するのですが採用理由が分かりません」が開発の生産性の違いを生む。無機化学の酸化還元滴定に関する質問です Caイオンの沈殿剤として、フッ化ナトリウムNaF、硫酸ナトリウムNa2SO4、シュウ酸カルシウムNa2C2O4の三種類を検討し、シュウ酸カルシウムを採用するのですが、採用理由が分かりません 与えられた情報は写真の通りです お時間があれば、回答お願いいたします 3回生実験のこと:容量分析の初歩ex。普通牛乳には あたりおよそ 程度のカルシウムが含まれている日本
食品標準成分表とされている。キレート試薬としては
エチレンジアミン四酢酸が最も広く用いられている。 牛乳にはマグネシウムも
含まれており。を調節してマグネシウムを沈殿分離するなどして。 キレート
滴定でマグネシウムとカルシウムを分離定量する手法もある公定法と同様。
シュウ酸カルシウムとして沈殿分離させて。過マンガン酸滴定という流れです
食文化の違いを反映し

シュウ酸ナトリウムと鉄イオンが溶解している廃液の凝集処理。シュウ酸ナトリウムと鉄イオンが溶解している廃液を。凝集剤を使って処理
したいのですが。を添加すれば凝集?を添加し適正程度を保
てば生成した水酸化アルミニウムのフロックに率いられ。鉄は沈殿するでしょう
。ただし。シュウ酸カルシウムは水に不溶ですので。処理水の濃度レベルは
わかりませんが。シュウ酸イオンについては消石灰等。カルシウム塩を

i NaF:生じる沈澱は CaF2 であるから、電極電位:E=2.65ーRT/2F*ln[F^-]^2/pF2=2.65ーRT/2F*ln[Ca^2+][F^-]^2/[Ca^2+]*pF2=2.65ーRT/2F*lnKspCaF2/[Ca^2+]*pF2=2.65ーRT/2F*lnKspCaF2ーRT/2F*ln1/[Ca^2+]*pF2=2.95ーRT/2F*ln1/[Ca^2+]*pF2酸化還元系:Ca^2+ + F2g + 2e^- ? CaF2固標準電位:E°=2.95VCaF2固 は還元剤として極めて弱い。電極電位:E=ー2.87ーRT/2F*ln1/[Ca^2+]=ー2.87ーRT/2F*lnF^-]^2/[Ca^2+][F^-]^2=ー2.87ーRT/2F*lnF^-]^2/KspCaF2=ー2.87+RT/2F*lnKspCaF2ーRT/2F*lnF^-]^2=ー3.17ーRT/2F*lnF^-]^2酸化還元系:CaF2固 + 2e^- ? Ca + 2F^-標準電位:E°=ー3.17VCaF2固 は酸化剤として極めて弱い。ii Na2SO4:生じる沈澱は CaSO4 で在り此れは酸化剤としてのみ働く。電極電位:E=0.17ーRT/2F*ln[SO2]/[SO4^2-][H^+]^4=0.17ーRT/2F*ln[Ca^2+][SO2]/[Ca^2+][SO4^2-][H^+]^4=0.17ーRT/2F*ln[Ca^2+][SO2]/KspCaSO4*[H^+]^4=0.17+RT/2F*lnKspCaSO4ーRT/2F*ln[Ca^2+][SO2]/[H^+]^4=0.033ーRT/2F*ln[Ca^2+][SO2]/[H^+]^4酸化還元系:CaSO4固 + 4H^+ + 2e^- ? Ca^2+ + SO2 + 2H2O標準電位:E°=0.033VCaSO4固 は酸化剤として比較的弱い。iii Na2C2O4:生じる沈澱は CaC2O4 であるから、[H2C2O4]=[H^+]^2*[C2O4^2-]/K1K2電極電位:E=ー0.475ーRT/2F*ln[H2C2O4]/pCO2^2*[H^+]^2=ー0.475ーRT/2F*ln{[C2O4^2-]/K1K2*pCO2^2}=ー0.475ーRT/2F*ln{[Ca^2+][C2O4^2-]/K1K2*[Ca^2+]*pCO2^2}=ー0.475ーRT/2F*ln{KspCaC2O4/K1K2*[Ca^2+]*pCO2^2}=ー0.475ーRT/2F*ln{KspCaC2O4/K1K2}ーRT/2F*ln1/[Ca^2+]*pCO2^2=ー0.382ーRT/2F*ln1/[Ca^2+]*pCO2^2酸化還元系:Ca^2+ + 2CO2 + 2e^- ? CaC2O4固標準電位:E°=ー0.382VCaC2O4固 は還元剤として比較的強い。電極電位:E=ー2.87ーRT/2F*ln1/[Ca^2+]=ー2.87ーRT/2F*ln[C2O4^2-]/[Ca^2+][C2O4^2-]=ー2.87ーRT/2F*ln[C2O4^2-]/KspCaC2O4=ー2.87+RT/2F*lnKspCaC2O4ーRT/2F*ln[C2O4^2-]=ー3.13ーRT/2F*ln[C2O4^2-]酸化還元系:CaC2O4固 + 2e^- ? Ca + C2O4^2-標準電位:E°=ー3.13VCaC2O4固 は酸化剤として極めて弱い。あまり電気を流すと電気分解するからじゃないですかね…?シュウ酸イオンってあんま出てこないですよね。それに溶解度積も小さいCaF2よりはでかいですがし標準電極電位の差も小さいので穏やかに反応が起こるからでは?字が良く見えませんが、式5~7がCa2+イオンとそれらの陰イオンとの錯形成定数or溶解度積に見えます。それらが大きい錯形成定数ならか、小さい溶解度積ならものw選ぶだけと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です