解説自体は理解した ⑷で回答は重力を分解しているのですが

解説自体は理解した ⑷で回答は重力を分解しているのですが。swi********さん「遠心力を分解した」とは、水平と鉛直の2方向に分けて考えたという意味でしょうか。⑷で回答は重力を分解しているのですが僕は遠心力を分解したらsinαの二次式になって答えが出ないのですがどうして出来ないのですかを91年以上使ってきたわたしが気を付けていること。⑷で回答は重力を分解しているのですが、僕は遠心力を分解したらsinαの二次式になって答えが出ないのですが、どうして出来ないのですか 解説自体は理解した。解答ではを分解して考えていますが重力を分解してを求められないのですか
? ?解答にしかし。これで終わりではなく。円運動による遠心力の分解も考え
ねばなりません。遠心力というつの方程式を得ます。あとは解くだけです。
この連立方程式からは。速さ。垂直抗力の順に解が求まります。質問。図に
あるの値を代入したら。①が答えになると思ったのですが。答えは②でした。
質問。仕事の定義外力のした仕事は重力に逆らってるから負になるはずではない
のか中3理科「力の分解の作図」練習編。トライイットの力の分解の作図の練習の映像授業ページです。
トライイットは。実力派講師陣による永久0円の映像授業サービスです。
全く新しい形の映像授業で日々の勉強の「わからない」を解決してください!
斜面の物体にかかる力を考えるときは。まず重力を分解する台車は斜面下向き
に動いているのですから。はたらいている力も斜面下向きですよね。平行四辺
形ができたら。あとは平行四辺形の辺に沿って。点から2つの矢印をかきます。

⑷で回答は重力を分解しているのですが僕は遠心力を分解したらsinαの二次式になって答えが出ないのですがどうして出来ないのですかの画像をすべて見る。円運動の公式まとめ運動方程式?加速度?遠心力?向心力。円運動とは。物体の運動の向きとは垂直な方向に働く力によって引き起こされる
運動のことです。 特に。円周上を運動する物体の速度が一定であるときは等速円
運動と呼ばれます

swi********さん「遠心力を分解した」とは、水平と鉛直の2方向に分けて考えたという意味でしょうか。それは、ややこしいことになりそうですね。というのは、この小球の運動は、減速しながらの円運動ですから、半径方向に向心加速度があると同時に、接線方向にも減速の加速度がありますから、遠心力を考えただけではつり合いの状態にはなりません。どうしてもそうしたければ、接線方向の慣性力 ma も加える必要があります。小球に働いている力は、重力:mg 鉛直下向き糸の張力:S=0 遠心力:mv^2 /r 半径方向外向き慣性力:ma 接線方向前向きの4力であり、これらがつり合っています。力のつり合いの式は、水平方向:mv^2 /r ?cosα -masinα =0 …①鉛直方向:mv^2 /r ?sinα +macosα -mg =0 …②まずは必要のないa を消去しましょう。①より、a=mv^2 cosα /rsinαこれを②に代入して、v^2 sinα /r +mv^2 cosα^2 /rsinα =gv^2 /r [sinα +cosα^2 /sinα] =gv^2 /r [sinα^2 +cosα^2] /sinα =gv^2 /r =gsinαとなります。これは、半径方向に立てたつり合いの式になっています。運動方程式やつり合いの式を考えるとき、どんな2方向に分解するかという選択肢があります。どんな2方向を選んでも、間違いにはなりません。しかし、ある2方向で考えると、非常に簡明になるケースがあります。どんな2方向を選ぶかも、問題を解く力のひとうになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です