落合信彦著 ヒトラー生存説は全くの眉唾でしたか

落合信彦著 ヒトラー生存説は全くの眉唾でしたか。ヒトラー生存説は、西側世界を攪乱するために、KGBの前身が流したフェイクニュースである、というのが冷戦崩壊後の定説となってます。ヒトラー生存説は全くの眉唾でしたか歴1年の僕がおすすめする「神アプリ」44選:人気アプリから無名の便利アプリまで。ヒトラー生存説は全くの眉唾でしたか ヒトラー生存説は全くの眉唾でしたかの画像をすべて見る。「落合信彦著。この本は 1章 エスタンジアへ 2章 オデッサ?ファイルの虚構 3章 世紀最後の
真実 4章 ヒットラーのダブル 5章 年に関しては。全くの眉唾であっ
た。と結論付けられていました。 なんだか。非常にガッカリです。 ヒトラーの
影武者が存在したか?また。包囲されたベルリンから脱出するルートが多く残
されている為に。総統生存説を完全否定できなくしています。ナチスのホロコースト。生存者により。万人のユダヤ人犠牲者を模した本のろうそくがともされた。
代にポーランド?アウシュヴィッツ強制収容所での式典に参加した生存者
私は何が起きたか。私が何を見て経験したかを話している」

ヒトラー生存説は、西側世界を攪乱するために、KGBの前身が流したフェイクニュースである、というのが冷戦崩壊後の定説となってます。フランスのドキメンタリーが、ロシアが保管しているヒトラーの頭蓋骨のあごの部分、歯形などから本人を特定したとか、あるいは逆に別の調査番組では頭蓋骨の頭上部のもののDNAが一致しなかった、女性のものだったとか、いろいろ話はあるのですが、いぜんとして、この種の本やら番組を創る人々にとっての「飯の種」になっていることだけは事実でしょう。ま、仮に生存していても、戦後全く活動していないなら、死んだのと変わりはないのですが???。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です