地震雲についての雑感 森谷武男という人が地震を予測してい

地震雲についての雑感 森谷武男という人が地震を予測してい。北大の先生だった方ですね。森谷武男という人が地震を予測しているらしいのですが当たりやすさはどのくらいなのでしょうかの「脚本の書き方講座」が素晴らしかった【震撼】。森谷武男という人が地震を予測しているらしいのですが、当たりやすさはどのくらいなのでしょうか 最近北海道近くで地震が起きるかもと予測したらしく、札幌に住んでる僕としてはすごい不安です 地震予報のできる時代へ。地震予報のできる時代へ – 電波地震観測者の挑戦 – 森谷武男 – 本の購入は楽天
ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!
みんなのレビュー?感想も満載。「アウターライズ地震」が列島を襲うフライデー。幸いにも元日の地震は鳥島近海を震源とする別のタイプの地震だったが。関係者
は密かに肝を冷やしていたというのである。目下。想定されている震源域は。
本震の震源域から日本海溝をまたいだ南北約㎞にわたる地域で。地震の規模
も本震に下森谷武男氏のホームページのうち。肝心の研究成果が発表
された部分は。ご覧のとおり「閉鎖」の憂き目長の谷岡氏は。のアウター
ライズ地震が日本海溝の外側で発生した場合の津波予測に関する研究に着手して
いる。

地震雲についての雑感。一方,「はじめに」で述べた前兆的「宏観異常」の観察による大地震の予知も
中国では昔から行われており,年の海城地震はこの観察によって予知され,
住民を避難させて人的被害をかなり軽減したとされるただし翌年地震予報のできる時代へ。今後の発展が期待される。」 ―上田誠也東京大学名誉教授 これまでの地震
予知とどこがちがうか

北大の先生だった方ですね。予測できていないので無視してよいです。自分は地震を予知できると思い込んでしまった方です。地震や電波の観測装置を作るのが得意だそうですが、残念ながら地震は事前に分かりません。本も出ていますが読んでも賢くなりません。自分は、10日ほど前、天塩付近で、夜空が赤く染まっているのを見たので、気になりますね。彼が用いている手法は、見通し外にあるFM放送局の電波を受信し、その特定状況を持って地震が起きると見做す方法です。VHF帯域においては、通常は見通し範囲以外の電波が届かないため、その事をもって判断材料としていますが、実は頻繁に見通し外からのFM放送電波が届いている事実があります。FM放送帯域は76MHzから108MHzまで広いうえに放送局が少ないため、放送局間の電波を受信する機会はなく、そのために知られていないだけです。見通し外に電波が届く理由として多いのが、スポラディックE層と呼ばれる電離層反射によるもので、次いでF層反射も多く含まれます。時期的には夏場か多いのですが、太陽の黒点数が増加すれば冬場でも起こり、遠方からのFM電波を受信できるようになります。また現れ方も極端で、反射が起こり始めるのも突然であることが多く、終わりも突然、あるいは時間によって強弱が生じたりと、電離層の状態変化に伴い様々に異なる様相を示します。この現象はアマチュア無線で50MHz帯や144MHz帯を利用している人なら、結構知っている人が多い現象です。そのように頻繁に起きている電離層の現象を測定しているだけに過ぎませんから、自信とは何らのかかわりもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です